仲山税理士事務所

板橋区板橋の税理士事務所・板橋区役所前駅近くの仲山税理士事務所、創業支援・創業融資・会社設立、相続
実務経験豊富な税理士が、御社の顧問税理士として、決算・確定申告、法人税申告から、経営分析、資金調達、事業承継、起業・会社設立(法人設立)などのご相談を承ります。
個人の方については相続対策、相続税・贈与税の申告、相続手続、ライフプランニングについてもご相談にのります。どうぞお気軽にご相談ください。

東京都板橋区板橋2-63-4-305

03-5944-1077

事業計画書

事業計画書

(1)創業融資における事業計画書の重要性 <創業後も重要>

創業時に融資をうける場合、過去の実績がありません。

よって融資をうける際には借りた資金をきちんと返済していくことを
融資先に説明し、納得してもらわなくてはなりません。

そのため精度の高い事業計画書の作成が必要になってくるのです。

そしてその事業計画書は内容が充実していることはもちろんですがそれが第三者にわかりやすい内容になっていることが必要です。
 
このように事業計画書は創業融資をうける際に大変重要なものとなるのですが創業後において事業がうまくいかなかったり、迷ったりしたときにふりかえる航海の羅針盤のような存在となります。

よって創業融資のためにもその後の事業の成功のためにもしっかりとした事業計画書を作成する必要があるのです。

(2)事業計画書作成のポイント <ストーリー性のある計画書

事業計画書の作成するうえで大切なことは創業の動機販路返済原資
の確保がきちんと記載されている計画書になっているかどうかという点です。
 
創業の動機、販路、開業後の返済原資の確保の3点についてストーリ性のある説明が必要になってきます。

創業の動機については創業する以上はその事業において他とのなんらかの
差別化が必要であり経験等に基づきその事業において他と差別化ができる
状況にある、だから開業しますといった流れになります。
その差別化できる状況がセールスポイントになります。

販路については開業後ある程度の売上の見込みがたっていること
必要になってきます。開業後しばらくは売上の見込みがたたないとい
うのは論外ですがあまりにも現実離れした過大な売上の予想をたて
ることも計画が甘いとみなされてしまうおそれがあります。

実際に確定した取引先がある場合は別ですがそうでない場合には
少し堅めの売上予想をたてることが無難です。

次に返済原資の確保ですが創業の動機がしっかりしていて売上の見込みもた
ち、問題はその売上のなかからしっかりと利益をだし返済をしていくことが
できるのかどうかということです。金融機関にとってはもっとも気になるところです。

開業動機もしっかりしていて差別化もできる。売上の見込みもたっていて
利益も確保し、しっかりと返済することができる。だから開業するのです。
といった流れになります。

開業動機販路返済原資の確保、この3つを順序だててしっかり説明する。
このことによって説得力のある事業計画書となります。

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

03-5944-1077

受付時間:9:00~18:00 月~土(日祝日は除く)
メールでのご相談は24時間受付ております

ご連絡先はこちら

仲山税理士事務所
東京都板橋区
板橋2-63-4-305

代表の仲山です。親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

03-5944-1077

FAX : 03-5944-1087

無料相談はこちらへ

代表者ごあいさつはこちらへ

主な業務地域

東京23区とその周辺

QRコード